児童がめきめき伸びる学び方や習い事について

少年・少女の健康的な発達の為に重要な教育として情操教育を耳にされた事があるのではないでしょうか。要は、情動・感受性といった部分を育てイマジネーションを磨き上げる教育を指し、音楽や絵画などに人気が集まっているようです。そして自主的に考えたり対処出来る力も同時に芽生えます。小学上学年と下学年には、学習内容について著しい隔たりがあります。下級学年の時はベーシックな学習習慣を身につけるのがとても重要となります。上学年になってからは受験に向けた準備、そうでなければ中学校進学の支度が求められますし、出来るだけ周囲の子と成績差がつく様な指導に移行するのが良いでしょう。児童の発達過程においては、やはり身体そして感性を共に育んでいく事が大切です。バランスよく成熟する事によってより充実した体力をもたらし、学びにも積極的な姿勢を見せるお子さんへとなっていく事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です