家族の介助と看護が原因のストレスを低減するためのノウハウ

自分だけで看護と介助する方は、心痛が溜まりやすくなるものです。そんな時にはネットを頼る事も選択肢になります。検索すれば看護・介助事業所のサイトや経験者が作成した日記等、何らかの使えそうな所はたくさんあるのです。介助と看護をする側にとって、寂しさというのが多大な心的な負担の元になり得ます。自分だけで苦しむ事を避け、役割を分掌する様に家族と話して下さい。加えてわずかの事でも支えてくれる人や胸中を言える人を探してみましょう。暇のない介助・看護生活は内面的・体力的にハードで、将来も明確でない点に悩む事もあります。それでも、同じような人もいっぱいいるのです。限界になる前に心の内を言える場所があることこそ大事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です