親族の介助と看護に振り回される!精神疲労低減のメソッドとは

若年時より看護・介助を継続している女性は、相談事をする知人の不在に腐心している人がよくいるようです。そもそも同じ世代である仲良しに似た境遇の人が中々いない事の他にも、親戚交流等が希薄なせいです。介護関係のサイトですとかSNS上で、看護と介助の経験者に教えてもらうのはどうでしょう。仮に見ず知らずの人だとしても、類似する悩みを持つ者同士で有用なアドバイスをもらえる機会もあるでしょう。何と言ってもそういったコミュニティーとの交流はとても大切です。行政以外でも、介助・看護業務を提供する会社企業が近年では急増しています。そして、介護保険を使えるサービスのみならず、食事の配送・家庭内の作業代行などのプラスアルファのサービスまで、多様な状況に応えたプログラムが沢山できています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です